今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
ジャンク品について

ジャンク品について

ジャンク品について

ジャンクの発電機について

発電機はどうしても証文品であることを理由に、元値が安い壊れた発電機については買取業者側としても利益が見込まれないことを理由に買い取りを行っていません。
そもそも消耗が著しいジャンク品については、多少の手を加えても使いものにならないことが多く、買取をしても利益にならないのが本音であります。
 ジャンク品 
多少手を加ええればジャンク品であっても使うことが出来る商品は、買取をした後あまり手をかけずに修理をし、そのご保証を付けづに低価格にて販売を行っています。
ただ、この場合には買い求める人が意外といるため、多少手を加えるだけの価値はあります。
ただ、発電機の元値が安い物の場合には、ジャンク品になると消耗が激しく、ばらして部品を取り出してもそれほど利益にならないので、手間だけかかってしまいます。
そのため、元値が安い発電機については持ち込みによる買取は対応していません。
ジャンク品の発電機の場合においては、持ち込みの段階で買い取りできるだどうかの査定があります。
 査定 厳しい 

発電機の高額機器であれば買取検討可能

ご家庭や職場で使われなくなった発電機、いつのまにか動かなくなっていたから処分しようと思っているものはありませんか。
こういった正常に作動しなくなったものは「ジャンク品」と呼ばれますが、発電機の場合、元値が高い製品であれば買取検討可能ですので、処分される前に査定に出されてはいかがでしょう。
処分するにも費用がかかりますし、発電機の状態にもよりますが意外な価格がつくこともあるのです。元の値段が高い製品ではない場合ですと、修理するよりも新たに購入した方が結局は安くなる事もありますので、申し訳ありませんが買取不可とさせていただきます。
また、いくら元値が高い発電機であっても、著しく破損している場合などは買取できない事もあります。外観の傷みや付属品がないなどの理由でも、買取不可あるいは価格がぐっと下がってしまうことをご了承下さい。
 状態の良くない 発電機 
捨てればゴミになりますが、活かせばまだまだ使える発電機を眠らせておくのはもったいない事です。まずはご連絡いただき、お見積りさせて頂けたらと思います。