今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
ヤンマー(YANMAR)発電機買取

ガソリン、ディーゼルエンジンが主流の「ヤンマー(YANMAR)発電機」!小型な家庭用から業務用までの売却が可能!日本全国で高価売却ができるのは、弊社“発電機買取ドットコム”にお任せください
お見積りご相談、各種ご相談、査定、運送費は、なんと無料!他社に真似のできない弊社独自の買取システムをご利用すれば簡単現金化が可能!売却でお困りのお客様、お電話1本頂ければ担当スタッフが迅速に対応致します。

G2400S G900iS YDG350VA-5E G2800iSE

ヤンマー(YANMAR)発電機の買取

ヤンマー(YANMAR)買取

ガソリン、ディーゼル、インバーター方式、防音タイプ、空冷式、小型(ポータブルタイプ)、家庭用、業務用 などヤンマーならではの、広い用途範囲の製品が、古い為、使われずに放置されていませんか。年に2~3回しか使う事がなく仕舞い込んでいませんか。既に新しく発電機を購入した事で発電機が眠っていませんでしょうか?ぜひ、あなたの使われないヤンマー製発電機をお売りください。

ヤンマー(YANMAR)発電機

高価売却の前に!

*電圧の異常
ブラシが摩耗していませんか? ダイオードが故障していませんか?
コンデンサーに異常はございませんか?
 
*ガソリン式の発電機不具合
ガソリンを長期間入れたままのガソリンや長期間保管したガソリンを使用していませんか?
エンジンオイルがなくなっていませんか?
エンジンオイルを入れ過ぎていませんか?
冷却部の損傷はございませんか?
冷却水は規定通りに入っていますか?
給排気に詰まりはございませんか?
ヤンマー(YANMAR)発電機 排気口つまり無し

*エンジンの異常
エンジンや本体が異常発熱していませんか?
エンジン内部のピストン、シリンダーに摩耗や損傷はございませんか?
オイルシール等のパッキンに劣化はございませんか?

●屋外や工場内で使われることが多いですので埃や汚れは付着していないでしょうか?掃除されますと査定後のクリーニング料が浮査定アップになりますぜひ実践されてみてはいかがでしょうか?
●動力に燃料(ガソリン)を使う製品でしょうか?長年動かさずに放置しておりますと、キャブレターが動かなくなりエンジンがかからない場合がございます。定期的に動かされていたでしょうか?
●燃料を使う製品のエンジンは、かかり難くなっていませんか。
●燃料タンクやオイルパンなどからオイル漏れは発生していないでしょうか?
ヤンマー(YANMAR)発電機 オイル漏れはなし
●スチール製の燃料タンクはサビなどで穴が開いていないでしょうか?タンク内にはごみが入りこんでいないでしょうか?
タンク
●プラスチック製燃料ふたのヒビ割れ、かけ、破損損傷はありませんか?
●操作パネル上の各スイッチは壊れていないでしょうか?アワーメーターは、壊れていませんか?
アワーメーター
●燃料パイプ、コック、チョークなどの破損損傷はないでしょうか?
燃料パイプ
●エンジン始動時、異常な音、振動はないでしょうか?
●点火プラグは、キチンとスパークするでしょうか?
新品未開封未使用品は、元箱から出されない状態であれば高額査定ができます。開封せずにそのままお売りください。開封されますと査定額は下がってしまいますので気をつけましょう。
●つまみダイヤルは、キチンと動かすことができるでしょうか?
燃料コックレバー
壊れた製品や部品交換・修理が必要な製品は買取りができませんので予めご了承ください。
●発生する電気は、50Hz用でしょうか?又は60Hz用でしょうか?それとも両用タイプでしょうか?
60Hz

買取対応製品

ありとあらゆる種類の発電機が買取り可能です!

ヤンマー(YANMAR)

インバーター(ポータブル)発電機

G900iS、GF1400iS、G2000iS、G2800iSE、GF3800iseなど

ガソリンエンジン発電機

GF900S、G2300A、G2400S、G2300A-5、G2400S-5LE、G2400S-6E、G2400S-6LE、G2500i、G2800iS、G3500S-5E、G2300A-6、G2400S-5E、G3500S-6E、GF900Sなど

ディーゼルエンジン発電機(60HZ西日本限定)も宅配買い取り中!

YDG300S、YDG350VA-5E、YDG200ss、YDG200s など

上記以外の型式・製品でも、ヤンマー製の発電機なら買取出来る製品もございます。
査定は無料です!当店の買い取り担当者まで、お電話にて気軽にご相談下さい!
ヤンマー(YANMAR)とは??
ヤンマー(YANMAR) 発電機

農業機械の製造・販売で有名なヤンマー(YANMAR)は、その歴史も非常に古くて明治時代末期にさかのぼります。
競合他社のうち、農業機械のシェアトップであるクボタと並んで日本の農業を支えてきました。
しかし、お互いに大手企業でありながらもヤンマーはこれまで株式を公開していないことでも知られています。
ヤンマーは非上場でありながらも、日本における農業機械の一大ブランドとして君臨して来ましたので、その経営体質やキャッシュフローは極めて良好です。
ヤンマーの凄さと言えば海外展開の早さでして、1950年代後半から南米ブラジルを皮切りに海外拠点設立に着手しているでしょう。
2000年代までにかなり多くの国家に販売拠点を設立したこともあって、今日のヤンマーにおける国際ブラントとしての知名度向上に大きく貢献しています。
ヤンマーは発動機メーカーとしての姿は意外に知られていないのも事実でして、実際は船外機などの供給も進めているのです。
上述のような海外における販売拠点の多さもあって、近年ではアジア地域におけるヤンマーの農業機器のニーズは非常に大きくなっているでしょう。
なぜなら、日本の農産物は非常に安全だと言う認識が強いアジア各国にとって、ヤンマーのような日本ブランドの農業機械を使用して農業生産を進めるのは大変大きな意義を持つからと言えます。
このように農業機器ばかりが注目されるヤンマーですが、建設機械の製造も積極的に行っています。
国内最大手コマツのような大型機械は扱いませんが、小型のユンボなどはその性能・機能性共に定評があるのです。
また、溶接機も発電式のものになると他メーカーへOEM製造することも多く、多くの溶接機にヤンマー製の発電機が意外に多く組み込まれているでしょう。
ヤンマーは海外拠点によって、海外からの機械ニーズを逸早く吸い上げることに成功したと言っても決して過言ではなく、それが現在における安定した経営状況の大きな基礎となっています。