今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
デンヨー(DENYO)発電機買取
[`yahoo` not found]

発電機買取ドットコムでは、デンヨーの発電機が売却できます。ポータブルガス(ガスボンベ、プロパンガス)、ディーゼルエンジン、ガソリンエンジン、灯油エンジン、小型、防音型、インバーター などのデンヨー発電機、高価買い取りいたします。買取エリヤは、日本全国対応、お客様特典として、ご相談、お見積もり、査定はすべて無料!簡単に現金化が可能!お急ぎのご依頼にも対応可能!
高価売却をお望みのお客様、今すぐお電話ください!査定担当スタッフが迅速に対応いたします。

本体 本体 デンヨー 発電機

デンヨー(DENYO)発電機の買取

デンヨー(DENYO)買取

家庭用から業務用に至るまで幅広いデンヨー発電機を当店に売却ができます。年に2~3回しか使う機会がないので処分したい。最近、発電機を更新したので古い製品が在庫で残り、処分で迷っている。そのような発電機が現場事務所、工場、ご自宅、、会社、倉庫などに保管されていませんか?中古発電機の需要はまだあります。ぜひ当店にお売り下さい!

高価買取の前に!

● 正常に稼動しますか?
●ネジやつまみ、ナットなどの欠損はありませんか?
●エンジンの回転は遅くなったり早くなったりと、不安定ではないですか?
●スイッチ類は正常に作動しますか?
●調整器は正常に作動しますか?
●電圧に異常はありませんか?
●操作パネル、モニターは正常に表示されますか?
● ランプ類はきちんと点灯しますか?
●操作パネルのスイッチやボタン類は壊れていないでしょうか?
操作パネル
●ポータブルガスを使用されている製品は、ガス接続部の曲がり、破損損傷、ガス漏れなどはないでしょうか?
●燃料を使う製品のエンジンは、かかり難くなっていませんか。
ガソリンエンジンは、長期間動かさずに放置されていますとキャブレターが作動しなくなったり、水分が溜まって動かなくなりますので定期的に作動させてください。
●エンジン始動時、異常な音、振動はないでしょうか?
●点火プラグは、キチンとスパークするでしょうか?
●燃料タンクから燃料漏れやオイル漏れはないでしょうか?燃料キャップのひび割れ、破損はないでしょうか?
ガソリン
●買取り時は、安全上燃料のガソリンは抜いてから発送してください。
●付属品:ボックスレンチ、取扱説明書、保証書などはお持ちでしょうか?
●新品未開封未使用品は、元箱から出されない状態であれば高額査定ができます。開封せずにそのままお売りください。開封されますと査定額は下がってしまいますので気をつけましょう。
部品交換や修理が必要な製品は買取りができませんので予めご了承ください。
などの事をお聞き致しますので状況をお聞かせ下さいませ。
●オプション品(カセットガスボンベ、チャージコード、並列運転キット、スローダウン装置、四輪キャスターなど)は、お持ちではないでしょうか?ご一緒に出されますと査定UPです!

デンヨー(DENYO)発電機の買取対応製品

ご相談・お見積もり・査定は、無料! 売却後の送料も弊社持ちで対応しております。

ガソリンエンジン式

一番多く使われている製品です。買い取り中!

GE-900SSIV、GE-1400SSIV、GE-2000SSIV、GA-2605U2、GE-3800SS-IV、GE-5500SS-IV、GA-2606U2、GA-2800ES-IV、GA-3705U、GE-2000SS-IV、GE-2500-IV2、GE-2500SS-IV、GE-2800-IV、GE-2800SS-IV2、GA-3706U、GE-1400SS-IV、GE-1600SS-IV、GE-900SS-IV、GE-2800SS-IV、GA-2605U2、GA-3705U 、GA-2800ES-IVなど

ディーゼルエンジン式

買い取り強化中!

DA-3100SS-IV、DA-6000LS、TLG-6LSX、TLG-12LSX、TLG-7.5LSK、TLG-18LSY、DCA-6LSX、DCA-8LSX、DCA-10LSX、DCA-12LSX、DCA-15LSX、DCA-18ESX、DCA-30ESX、DCA-40ESX、DCA-60ESX、TLG-15LSX、TLG-13SPY など

ガス発電機(カセットボンベ・プロパンガス)

まだ出たばかりのガス発電機も強化買い取り中!

GE-900E、GE-900B、GE-900P など

デンヨー(DENYO)とは??
デンヨー(DENYO) 発電機

デンヨー(DENYO)は発電機事業ではその先駆者と呼べる存在でして、国内の発電機の市場占有率は6割を超える高さを誇ります。
終戦後の数年後に創業されたデンヨーですが、もともとは発電機そのものよりも溶接機の開発が先に進められていました。
当時の社名は【日本電気溶接機材】、つまりこの中の電・溶がデンヨーとなって今日まで発展したと言う訳です。
溶接機に遅れて開発がなされた発電機ですが、その応用機器としてコンプレッサも1970年代に開発がなされました。
このころからデンヨーは海外展開にも大きく注目し始めまして、インドネシアに初の海外拠点を設立したのです。
2000年代に至っても海外拠点の設立は止まらず、直近ではベトナムに拠点を設立したのが記憶に新しいでしょう。
デンヨーが発電機・溶接機でこれほど急激に発展できたのでは、早い時期から海外の製造拠点を構築して製造コストを下げて来たこともありますが、最近は元々製造拠点を置いていたインドネシアやベトナムなどの市場掘り起しが有利に働き始めていると言う実情があります。
特にインドネシアは人口の平均年齢が30代に満たないなど、市場の伸び白が大きく期待できる土地柄でもあります。
ここに拠点を早くから持っていたことは特筆に値すべきことで、今後のデンヨーの収益性にとっても大きく有利に作用して行くことでしょう。
デンヨーはアジア戦略を1970年代から志していたこともあって、現在は海外販売においても後発の海外展開組に対して大きな差をつけることができるようになっている訳です。
また、デンヨーの優位性はアジアでも特定の国家での製造にこだわっていることでして、その国家の選別がかなり効率的で秀逸だったと言えるでしょう。
将来的な展望を見れば日本国内での発電機需要は徐々に減少して行くのは目に見えていますので、建設ラッシュが東南アジア各地で広がって行く現在の趨勢を考慮すれば今後のデンヨーにおける国際的地位は確固たるものとなって行きます。

上記以外の型式・製品でも、デンヨー製の発電機なら買取出来る製品もございます。
査定は無料です!当社の買取担当者まで、お電話にて気軽にご相談下さい!