今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
スバル(富士重工業)発電機買取

ガソリンエンジン、インバーター方式、防音タイプ、空冷式、小型ポータブルタイプの製品を日本全国より宅配買取りします。
家庭用、業務用、コンベショナル、オープンフレームなど様々な用途で使われる製品の高価買取ができます。
年式が古くて痛みも激しい製品から最近の新しい製品まで買い取りができます。まだまだ現役で動く製品でしたら買い取り可能でございます。
ご相談はお電話で随時受け付けております。なお、複数台のご相談にも対応しております。その際は、メールやFAXでも受付可能ですので気軽にお問合せくださいませ。
ご相談、お見積もり、査定は、無料で対応しております。何なりとお申し付けくださいませ。査定後のご入金も迅速かつ早期にお振込みいたします」。
スバル(富士重工業)発電機買取のご用命は、発電機買取ドットコムにお任せください。

SCi14 スバル発電機 SGL2200Ⅱ

スバル(富士重工業)発電機の買取

スバル(富士重工業)買取

SUBARUと言えば車が名高いですが、発電機の分野でも威力を発揮しております。ガソリンエンジン、インバーター方式、防音タイプ、空冷式、小型(ポータブルタイプ などスバルならではの製品が、古い為、使われずに放置されていませんか。年に2~3回しか使う事がなく仕舞い込んでいませんか。既に新 しく購入したので発電機が眠っていませんでしょうか?ぜひ、あなたの使われないスバル製発電機をお売りください。

高価買取の前に!

●スペック、警告ラベルは、剥がれていませんか? 読めますか?
●出力ランプ・警告灯は、点灯しますか? 切れていませんか?
●ブレーカーは、作動しますか?
●燃料ゲージは、なめらかに動きますか?
●エアクリーナーは、汚れていませんか? 目詰まりなどありませんか?
●出力コンセントは、詰まっていませんか? 錆びていませんか?
●始動は、スムーズですか?
●各部品を取り付けているボルトがないところはありませんか? また、 ゆるみや破損はありませんか?
●フェーエルフィルタに目詰まりなどは、ありませんか?
●フェーエルストレーナーカップに破損やごみ等が、溜まっていませんか?
●マフラーは、変形していたり破損していませんか?
●スパークアレスターは、目詰まりしていませんか?
●ポータブルの場合、各パネルの脱着に問題は、ありませんか?
●ポータブルの場合、ボディに極端な傷などは、ありませんか?
●カーボンブラシの減り具合は、指定値以上ですか?
●燃料を使う製品のエンジンは、かかり難くなっていませんか。
●ガソリンエンジンは、長期間動かさずに放置されていますとキャブレターが作動しなくなったり、水分が溜まって動かなくなりますので定期的に作動させてください。
●エンジン始動時、異常な音、振動はないでしょうか?
●点火プラグは、キチンとスパークするでしょうか?
●燃料タンクから燃料漏れやオイル漏れはないでしょうか?燃料キャップのひび割れ、破損はないでしょうか?
タンク
●操作パネルのスイッチやボタン類は壊れていないでしょうか?操作はできますか?
スイッチ端子
新品未開封未使用品は、元箱から出されない状態であれば高額査定ができます。開封せずにそのままお売りください。開封されますと査定額は下がってしまいますので気をつけましょう。
未開封
部品交換や修理が必要な製品は買取りができませんので予めご了承ください。

スバル(富士重工業)発電機の買取対応製品

ご相談・お見積もり・査定は、無料! 売却後の送料も弊社持ちで対応しております。

防音インバーター発電機

珍しいスバルの発電機も宅配買い取り中!

SGi38SE、SGi28SE、SGi25など

オープンフレーム発電機

台数の少ないスバル製のエンジン発電機さえも宅配買い取り出来ちゃうんです!

SGV4000、SGR2300、SGH24、SGX24、SGX29など

その他

スバル SGL2200-Ⅱなど

上記以外の型式・製品でも、スバル製の発電機なら買取出来る製品もございます。
査定は無料です!発電機買取ドットコムまで、お電話・問い合わせフォームにて気軽にご相談下さい!
スバル(富士重工業)とは??
スバル(富士重工業) 発電機

スバルと耳にすると自動車メーカーと想像することが多いのでしょうが、厳密に言えば富士重工業における自動車製造部門のブランド名と言うことになります。
自社名よりもブランド名が先行して知名度が高まって行くケースは決して珍しくなく、スバルはまさにそのパターンの1つと言うことになるでしょう。
スバルブランドは自動車の歴史は1950年代にまでさかのぼり、その昔において富士重工業が航空機の開発をしていたことによってその技術性を自動車開発に導入した経緯があります。
1960年代までのスバルブランドの自動車はFF車の開発・販売がメインでしたが、1970年代に入りますと4WD車開発がメインとなって現在までその流れが引き継がれているのです。
実際、国内における大手他メーカーの自動車を見ても4WDを専門的に製造しているところはほぼ皆無で、あくまで商品ラインナップの一部として提供しているところばかりでしょう。
その中で、現在でも4WDにこだわってきた富士重工業の4WD技術はそのレベルも非常に高いものへと変化しています。
特にオフロードやラリーレースなどの車両にはスバルブランドの車両が採用されることが多く、参戦するドライバーやその関係者もまさにスバルの4WD機構のレベルの高さに注目しているからに他なりません。
このように安定した走りが期待できる一方で、乗り心地にこだわる日本人にとって知名度はあっても他社と比べるとスバルの車両が選ばれにくいと言う側面もある訳です。
ここ20年でレガシィやフォレスターなどの人気が大きく高まってきたのも事実ですが、創業当時製造していた軽自動車などの比較的小型の車両については製造撤退していることもあって如何に大きな車体でエコを進めて行くかが今後のスバルにおいて極めて重要なカギになります。
それでも、海外においてもスバルブランドについて知名度は一定程度ありますし、アジア地区を中心とした新興国における富裕層向けへの販売拡大が大きく期待できるでしょう。