今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
発電機の清掃方法
[`yahoo` not found]

2016年10月26日

発電機はあまり室内で使用されることはなく、比較的屋外で使用する場合や、屋外に設置することが多いと言えるでしょう。そのため、外観が汚れている可能性が高いのです。掃除をするときには、まず外観をきれいにしておくことが重要になります。外観は雑巾などで拭き取るべきなのですが、濡らしてからしっかりと水を切り、水拭きをして問題ありません。基本的に外で使用する機械というのは、水が入りにくい構造になっていることが多いのです。

 

よって水を直接かけるのはよくありませんが、水拭きぐらいであれば全く問題ありません。逆に乾拭きでは落ちない汚れもあるので、水拭きをしてしっかりと汚れを落としておく必要があります。溶剤などは本体を傷つける可能性があるので、できる限り使用するのを控えるべきでしょう。清掃するのは本体だけではなく、本体に接続するケーブルなどもきちんと行わないといけません。ケーブルも同じように雑巾できれいにしておけばよいでしょう。

 

ただし、接続部分を濡らしてしまうのはよくないので、接続部分だけは乾拭きをしないといけません。この接続部分は本体にもあるので、本体もケーブルを接続部分は乾拭きがよいでしょう。他にも水拭きを控える場所が存在しているのですが、それは液晶パネルの部分です。また、ケーブルの接続部分だけではなく、コンセントの接続部分も水拭きは避けましょう。他の本体部分は水拭きをしても問題ありませんが、必ず水気は完全に取っておかないといけません。

 

発電機というのは比較的大きな物になっているので、車輪が取り付けられていることも多いでしょう。写真はかなり汚れていることが多いですし、傷が付きやすい場所でもあるので、念入りに掃除をします。発電機の場合には、しっかりと掃除をしておくと共に、点検しておかなければいけない部分もあるので、清掃をした時に一緒に確認しましょう。特に傷やへこみ、サビなどは見逃さないように注意してください。

発電機の清掃方法