今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
発電機の使い方

2016年9月26日

発電機買取ドットコムでは、エンジン発電機、ポータブル発電機、インバーター発電機、ガス発電機などの全ての種類の発電機を新品・中古品問わずに高額買取りしています。

発電機を製造・販売しているメーカーはたくさんありますが、ホンダ、ヤマハ、新ダイワ、マキタ、デンヨーなどの有名メーカーのものなら特別価格で買取りしています!

発電機とは電気を起こすために使用される機械のことですが、発電所などで電気を発生させているタービンも、自転車の電気を発生されているのも発電機で、その使い方は発電機の仕組みによって大きくことなります。

磁石の中で導線を動かす、導線を巻いたコイルの中で磁石を動かすなどすると電流が発生しますが、これが最も単純な発電機の仕組みとなります。

つまり磁石かコイルと何らかの形で動かせば電力が発生するため、この原理を活用すれば手回し発電機なども簡単に作れます。

したがって、鉄道車両のように走行しながら電気を作って、それを動力として利用することもできます。

最も単純な発電機は直流発電機で、磁石の間に置かれたコイルを回転させるとコイルは帯電し、この帯電した電流を電極で取りだして電球などをつなぐと点灯します。

直流発電機は手回し発電機つきのラジオや懐中電灯などに使われていて、使い方は手回しすればいいだけです。

これに対してコイルが固定されて磁石の方が回転するのが交流発電機で、交流発電機はそのままインバーターを通さないで家電などを使えるので、家庭用の小型発電機などに利用されています。

発電所などで高い電圧の大電流を長時間にわたって発電し続ける発電機は三相交流発電機です。

コイルの数を3つに増やして120度ずつずらして設置することで、ひとつの回転子から3系統の電力が取りだせます。

最近では災害に備えて発電機を備える人も多くなっていますが、ホームセンターなどで販売されているのがインバーター発電機やサイクロコンバーター発電機です。

サイクロコンバーター発電機は災害時の大型の発電機や露店やキャンプなどのレジャーや照明のために多く利用されていて、それぞれ使い方は取扱説明書にしたがって正しく利用しましょう。

発電機の多くは燃料にガソリンが使用されていて、ご存知の通りにガソリンは危険物なので、持ち運びや管理には十分に注意しなければいけません。

また長く使用しない場合はホコリを被ったままにしておくと故障の原因になることもあるので、定期的に掃除やメンテナンスをしてあげることが大切です。

発電機の使い方