今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
発電機を高く売るコツ
[`yahoo` not found]

小型の発電機が高くで売れます

小型の発電機が高くで売れます

小型発電機は今まで工事現場や屋台やキャンプ等で使用される事が多かったですが、最近ではパソコン等、精密機器も使用する事が出来る小型発電機が発売される等により、需要が高まっている事と、官公庁の小型発電機の需要も高まりホームセンターを中心に販売促進も高まっています。

更に震災の影響も相まって「いざ、というときの災害のときの備え」という事で必需品として認識が高まっている為に小型発電機の需要が高まっています。

その為に昨今では小型発電機が高く売れる様になってきています。

ヤマハ、ホンダ、新ダイワなどの定番メーカー品が高くで売れます

ヤマハの小型発電機は高い技術力がある為、非常に高性能な小型発電機を製作しています。

2015年からはカセットボンベを燃料と出来る非常用電源としても活用ができる簡単操作のインバーター発電機が出ており、その技術力からも高い値段で取引をされています。ホンダの小型発電機は目的別に様々な製品を販売しております。

レジャー使いや、仕事使いや非常時に使う事が出来るものまで様々なものが販売されており、使用目的に合わせての購入ができる為に製品が高性能だという事も相まって非常に高値で取引されています。

新ダイワの製品は産業機械として販売されているので、業務用使いが出来るメーカーとして高い値段で取引がされています。

中古品より未開封品、新品が高くで売れます

発電機は、使えば使うほど消耗してしまう物なので、中古品より、未開封品や新品高い値段で取引されます。

メーカー品で、震災や災害対策に、大量に発電機をご用意したが、倉庫や物置を圧迫してしまっている場合や、仕事で数多く購入したが、思っていたより使用せず、未使用品が残っている場合には、早めに売りに出す事で、型落ちの心配もなく高い値段での取引が可能です。

その為、不要になったものがある場合には、一度査定に出してみる事を強くおすすめ致しております。高額で取引が出来るチャンスです。

電力不足になりがちな夏場が高く売るタイミングです。

日本の季節の中でも気温が暑くなる夏場には、どうしても多く電力を使ってしまうエアコン等の稼働率が高騰します。

この為に電力の使用を制限する為にも政府が計画停電を行ったのは記憶に新しいと思います。

この様な事から夏場には電力が不足しがちなので、発電機の需要も大きく上がります。

更にBBQや夏祭り等、レジャーにも発電機は非常に便利に活用できる為、夏場の発電機の需要が高騰し、高値で発電機が取引される様になりますので、もし発電機を売りに出そうと考えているのであれば、夏場に売りに出される事をおすすめ致します。

中国製品より国内メーカー品の方が高くで売れます

中国製品より国内メーカー品の方が高くで売れます

発電機は屋外を中心に様々な業種や場所で使用されており、需要が高まるに連れて中国メーカーからの輸入品も多数出回っております。

もちろん日本のメーカーでも生産拠点を中国をはじめとするアジア各国に移している会社もございます。

しかし同じ中国製品でも国内メーカーと中国メーカーでは中古品になると雲泥の差が生まれます。

これは品質や商品管理の差が、そのまま価格に直結していますので、リセールの事を考えるならば初期投資は高いけれど高価で買い取りの期待ができる日本メーカーの機械を購入される事をお勧めします。

発電しないなどの不具合がある場合は修理に出してから売るのがポイントです

発電機の故障で最も多いケースは『発電出来ない(エンジンがかからない)』だと思います。

この原因は様々考えられますが、長期間使用しないで放置によるキヤブレーターのトラブルや 燃料劣化による詰まりなどが代表的です。

バイク乗りでメカニックに詳しい方々なら自分で修理される方もいるけれど、一般の方ではまず無理でしょう。

この場合、売却する前修理(オーバーホール)する事をお勧めします。

その理由として不動品の場合『ジャンク品の発電機はならキロ当たり何円』での買い取りとなるのが普通です。

ですので修理費用によりますが、売却前に修理すれば完動品として査定額が大幅に上がります。

予備の新品バッテリーなどもお付け頂くと査定UP

発電機を非常用電源に使用される場合、使用頻度があまりにも少なくてバッテリー自体が放電してしまっていてるケースを多々目にします。

いざという時に使おうと思ったらバッテリーがダメで発電機が使用出来なかったなどの事態に陥らない為にも予備のバッテリーなどがあれば正に『備えあれば憂いなし』ですね。

新品の発電機を購入すると付属品として予備バッテリーが同梱されている場合もございます。

そのような発電機を売却する場合、予備の新品バッテリーなどもお付け頂くと査定額がアップしますので、是非無くさないようにご注意下さい。

元箱が無い場合は発電機の梱包が小さくなる様にされると査定UP

元箱が無い場合は発電機の梱包が小さくなる様にされると査定UP

発電機に限らず何か物を購入した場合、直ぐに捨ててしまう方がいます。確かに住宅事情により収納スペースの限りがありますので、いつ手放すか分からない物の箱間で片っ端から取って置かれたら奥様方に叱られる家も多いでしょう。

外箱があれば売却時に査定額はアップしますが、捨ててしまったりボロボロで配送途中で底が抜けてしまう恐れのある物は無くても構いません。

ただし、必要以上に大きい箱に収納して送られる場合はご注意下さい。

梱包がしっかりしていなければ箱の中で動いてしまい、機械本体にダメージが与えられる恐れがあります。

発電機の梱包をコンパクトにまとめますと場合によってはワンランク下送料になるので、結果的には査定額アップにつながります。

油汚れがちな発電機になりますので売る前に掃除するのもポイント

エンジンタイプの発電機ならばガソリンとは切っても切れない関係です。

使用されている方はご存知でしょうが、オイルを混合させた油はプラスチックなどに付着したら汚れが取れにくくなりやすいのです。

新品で買ってからしばらくの内はマメに汚れを拭いていたけれど、いつしか気にならなくなり、気が付けば真っ黒になっていませんか?

油とホコリが混ざると強力な汚れに変身するので、ご売却を検討されているのなら売る前掃除するのもポイントです。

いくら機能的には問題無くても汚れている物は買い手が付きにくく、買い取りの段階で査定額に影響がでる事もございます。