今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
発電機の方式について

発電機の方式について

発電機の方式について

発電機は電磁誘導の法則を利用して機械的エネルギーを電力に変える機械です。

具体的にいうとコイルに対して磁石を回転させて電気を発生させることになりますが、その動力には様々な種類があります。

最近注目されている太陽光発電機から水力発電機、風力発電機、また軽油を利用して発電する機械もあります。

発電機をどのような目的で使用するのかによって、どのようなタイプの発電機を選択するかが変わってきますので、きちんと調べる必要があるでしょう。

使用する電気機器の消費電力と起動電力を確認して、起動電力が消費電力よりも数倍必要な製品もありますので安定して使用可能な発電機を選択してください。

一般的に発電機の燃料はガソリンまたはカセットボンベが主流となっています。

出力方式にはインバータやFW、スタンダード方式などがあります。

インバータは直流を交流に変換する装置で、交流で発電してから直流に変換して、さらにインバータで交流へと変換しますが、これにより周波数をコントロールしてバラつきを抑える発電方法です。

これにより省エネで安定した良質な電力を出力することができます。

さらにFWはスタンダードよりも高品質な電気を発電できて、出力の波形ひずみを大きく抑えた電力により、リーズナブルで幅広い聞きに使用することができる発電機です。

レギュラーでは使用できなかったコード付き電動工具やIHコンロにも利用可能です。

スタンダードはメンテナンス性に優れた、低価で高出力が期待できる発電機です。

まず電力量の余裕がある発電機を選択してください。

消費電力の合計を考えて発電機を選ぶのはトラブルの元になる危険性があります。

例を上げると800ワットのドライヤーと500ワットのレンジを利用するときには、少なくとも1300ワットが必要ですが、起動電力が高い場合にはさらに多くの電力が必要になります。

さらに蛍光灯の場合は誘導負荷なので、つける瞬間には大きな電力が必要となるので、消費電力以上の電流が必要となり、照明の規模によっても適合する発電機が変わってきます。

電気コードの長さやコードの断面積によっても電圧が下がるので、できるだけ太くて短いコードを使用する方が電力の節約となるでしょう。

だからといって無条件容量の多い発電機を購入すると、価格も高く重量も大きくなり使いにくくなる可能性もありますので、目的や容量に合った適量の容量発電が可能な製品を選びましょう。