今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
発電機とは?

発電機とは?

発電機

発電機とは、機械的エネルギーから電気エネルギーを電磁誘導の法則を利用して得る機械のことを言います。
電動機とも構造が似ており、電動機で走行する鉄道車両やハイブリッドカーは電動機を発電機として利用て、ブレーキ力を得ています。また、発生した電力を架線やバッテリーに戻すことも可能となっております。
発生する電力の種類によって直流発電機、交流発電機、交流整流子発電機に大きく分けられます。さらに交流発電機には同期発電機と誘導発電機の2つに分けられます。発電所で使われる発電機は交流発電機が一般的です。
発電機はさまざまな種類があります。小型発電機、大型発電機、超低音型発電機、200V-400V切替型発電機、単相・三相切換型発電機、発電機付溶接機、非常用発電機などです。
その他にも多くの種類の発電機があります。
発電機の主な用途は建築現場での電動工具を作動させるための電源として、また投光用の電源として、また、発電機付溶接機、非常時の緊急用発電機、工場での使用やレジャー等での電源確保のための発電機など幅広い用途があります。
ここ最近の発電機の中古市場は中古の建設機械の価格の高騰によって、発電機の中古 でも入手困難の傾向にあります。各中古品販売業者では積極的に発電機の買取強化を実施している状況にあります。
中古市場の価格高騰の背景には機械自体の性能が向上してきていることのほかに、環境への意識の高まりがあると思われます。最近ではリデュース(Reduce)、リユース(Reuse)、リサイクル(Recycle)の3R(スリーアール)推進運動が盛んに行われていることからごみを減らす意識が高まってきております。特に二つ目のR(リユース)は使えるものは繰り返し使うという意味でありますので、使わなくなったものは売るというまさに中古品買取に匹敵する考えであるといえます。
以前までは使えなくなったものは使わなくなったのが、今では使わなくなったものが使えなくなったに変わりつつあります。新しいものがどんどん開発、販売されるようになり、より良いものを求める傾向へとなることによって使えるものも使わなくなり、使わなくなることとによって使えなくなってきてしまうのです。特に機械類はいくら性能が良くても使わなければ正常に作動することが出来なくなる場合があります。 発電機は簡単に処分することが難しいため、不要になった発電機の処分にお困りの方はまずはお気軽に当社にお問い合わせ下さい。たとえ古くても正常に作動できるのであれば買取に出されたほうが断然お得です。
特に当社ではどのお店よりも高く買取をいたします。当社の発電機の専門スタッフがプロの目で査定いたしますので製品の価値を見落とすことはありません。また最近は技術に進歩により年数が経っても故障しない機械が増えてきており、それだけ価値が衰えることのない機械も増えてきていることも高価買取できる理由のひとつとなってきております。
当社では買取した発電機を専門スタッフが1つ1つ丁寧に清掃をし、点検を行います。また一つ一つの部品の清掃、点検も丁寧に行います。当社は独自の販売ルートを持っておりますので、国内はもとより、海外の販売先へ売る際にも高く販売できるようになっております。
国内外メーカー問わず、どんな発電機でも買取査定いたします。故障品以外のものであれば年式が古いもの、キズや汚れなどが目立つものでも正常に作動するものであれば高価買取いたしますので、是非、当社にご連絡いただきますよう、お願い申し上げます。

発電機のレンタルについて

発電機のレンタルについて

最近発電機は工場や会社など業務のためだけではなく、レジャーやキャンプなどでも発電機が幅広く利用されています。
一時的に利用したい方々のために、発電機のレンタルも私達の身の回りで増えている状況にあります。

自作の発電機について

最近はエネルギーに対して関心が高まっていますが、自分で発電機を作って電力発電をしている方も増えてきました。
太陽光発電風力発電などを自宅のベランダや屋根に取り付けて、実際発電した電力で生活できるというのは、羨ましいエコ生活ですね。

発電機の燃料について

発電機の燃料について

一般的な発電機の燃料としては軽油やガソリンがほとんどだと考えられます。
その他にもカセットコンロ用のガスボンベを使用して発電する発電機もあります。
業務用として使用される発電機はガソリンや軽油が利用されていることが多いようです。

発電機燃料漏れについて

発電機を使用する時には、いつもしっかりチェックしておく必要があります。
燃料が漏れているのに気がつかずに発電機を利用すると、大きな事故につながる可能性があるので注意しましょう。

発電機の耐用年数について

発電機の耐用年数について

発電機の耐用年数は一般的に6年~10年と考えられていますが、製品によって大きな差があると考えられます。
使用頻度や方法によっても異なりますので、耐用年数にこだわらずきちんと検査して使用してください。